diving

ダイビングで重要になる道具

ウミガメとダイバー

ダイビングはいろいろと機材が必要で、安心できる台文具にするためにセッティング法に慣れておきましょう。そして、禁止の方に向けて度入りマスクもあって、隙間かあ水が入らないよう顔にフィットしてるかチェックをしましょう。そしてマスクに取り付け水面に顔をつけた状態で呼吸できるようにしてくれるスノーケルは、マウスピースなどは直接口に入れ噛みます。体格、口の大きさに合うサイズをえらんでください。そして水中で推進力が出て、効率よく移動できるようになるフィンですが、疲労を抑えられるよう自分のサイズと脚力に合うものを。そしてこれらはそれぞれ1万円以内で購入できたりします。 また、季節や水温によってスーツの生地のあつさが異なって、水中の体力維持で、自分の体を保護するため動きやすく、保湿性など優れてるかどうかが大事なのが、ウエットスーツなどで、これは3万円の比較的値段が安いのから、オーダーメイドなら10万円近くのものもあります。 これは元から浮力があって、ダイビングは専用ウエイトを装着し、これはスクールでレンタルできることもあります。そして浮力を調整する装置がBCDで、ジャケットタイプやショルダーベルトタイプがあります。

PICK UP

ダイバー2人

沖縄旅行を楽しむならダイビング

沖縄などの南の島ですと、観光して回る地域は少ないので、1回の旅行で2泊3日…

»readmore
魚の群れ

フィジーでダイビングデビュー!

以前、フィジーで勤務していた時に初めてダイビング・デビューして「オープン・…

»readmore
ダイバー

ダイビングには必要な機材がある

ダイビングで必要なレギュレーターですが、タンク内の空気を人が呼吸できるよう…

»readmore