diving

ダイビングには必要な機材がある

ダイバー

ダイビングで必要なレギュレーターですが、タンク内の空気を人が呼吸できるようしたりするもので、水中で安定した呼吸できるように実際ショップで確認してください。そして安全なダイビングのため必要な情報を確認するための計器類がゲージで、タンク内の空気残量を示す残圧計や潜水のときに深度を計ったりする水深計などがあり、機材の中で重量が重いのがあって、メンテナンス法も事前に確認しておきたいものです。
計器類は数万~10万こえたりして、性能により値段が変わります。最初からすべて買い揃えなくてもスクールでレンタルが可能なものがたくさんあって、コーチ、スタッフからアドバイスを受けられて、安全なダイビングできるように気軽に相談してみましょう。
曽ひて、ダイビングするための資格にCカードがあって、これは、技能認定証ですが、これを取得して泣ければ体験ダイビング以外のスキューバダイビングできないです。国によって法律で禁止されてるところもあって、機材のレンタルもできないところもあります。
そして、Cカード取得できれば、その後どういう楽しみがあるのかですが、資格取得は目標であってもあくまで手段です。伊豆などの日本国内の海、沖縄などでダイビングできます。

PICK UP

ダイバー2人

沖縄旅行を楽しむならダイビング

沖縄などの南の島ですと、観光して回る地域は少ないので、1回の旅行で2泊3日…

»readmore
魚の群れ

フィジーでダイビングデビュー!

以前、フィジーで勤務していた時に初めてダイビング・デビューして「オープン・…

»readmore
ダイバー

ダイビングには必要な機材がある

ダイビングで必要なレギュレーターですが、タンク内の空気を人が呼吸できるよう…

»readmore