diving

フィジーでダイビングデビュー!

魚の群れ

以前、フィジーで勤務していた時に初めてダイビング・デビューして「オープン・ウォーター」のライセンスを取得しました。それまで私は周囲がダイビング・デビューしても全く関心んを持たず、むしろ「高い金払ってまでやる理由が無い」と思っていました。それはオーストラリアのグレート・バリア・リーフに行った時も同様でした。
しかしフィジーに赴任し、長期休暇をとった際、やる事が無かったので「それならちょっとやってみるか」と軽い気持ちで申し込みしました。その結果、「なぜオーストラリアでダイビングしなかったんだ!!」と後悔するくらいの感動を覚えました。初級のオープン・ウォーターでさえ普段はいけない10m以上潜ることができます。
最初は未知の深さだったのでボンベを付けているので呼吸できるとは言え、インストラクターと少しでも距離ができると心細くなりましたが、慣れてくると仰向けになって水面を見たり、普段体験できないような事ができて楽しかったです。ダイビングの醍醐味について、私の周りのほとんどの方は「水中の生き物が見れる」事を挙げますが、私の場合それよりも単純に海の中で浮いて遊ぶ事に楽しさを見出しました。
もちろん、普段は見れない海の生き物をじっくりと時間を掛けて観察することも楽しいです。しかし何と言っても、仰向けになり、水面から降り注ぐ太陽の光を全身に浴びた時の気持ち良さは尋常じゃありません!少し変わっているかもしれません、それでいいんです。きっとダイビングの楽しみ方は人それぞれ違います。なので、「海の生き物に興味無い」人は私のように「水中で日光を浴びる」為に、是非一度ダイビングを経験して見て下さい。やみつきになりますよ。

PICK UP

ダイバー2人

沖縄旅行を楽しむならダイビング

沖縄などの南の島ですと、観光して回る地域は少ないので、1回の旅行で2泊3日…

»readmore
魚の群れ

フィジーでダイビングデビュー!

以前、フィジーで勤務していた時に初めてダイビング・デビューして「オープン・…

»readmore
ダイバー

ダイビングには必要な機材がある

ダイビングで必要なレギュレーターですが、タンク内の空気を人が呼吸できるよう…

»readmore